簡単には借りれない!お金を借りる時には必ず審査がある

銀行、消費者金融など種類を問わず、貸金業者は利息や元本が回収できる見込みが ない相手にはお金を貸しません。
そんなことをしてしまうと、商売にはならないからです。
そうした理由から、貸金業者は必ず、『元本と利息を返済できるだけの返済能力があ るか」ということを事前に審査します。

初めてお金を貸す相手は、特に念入りにチェックされます。
審査は、職業・勤続年数・年収・資産・持ち家の有無・他の借入金の有無など を基準に、返済能力を判断するというものです。
こうした条件からおおよそ返済できるであろう金額などを概算します。
しかし、この審査基準は金融機関の種類や会社ごとに異なります。
それぞれの会社が独自の審査基準を設けているのです。

一般的に、銀行や労働金庫、JAなどは審査が厳しいと言われています。 確実に返済できるであろう人にしか貸し付けを行わない代わりに、あまり取立て を厳しくすることはありません。
金利も審査が緩いところよりも低く設定されています。

消費者金融などは審査基準が緩やかで、年収が低く資産のない人にも貸し付けを することがあります。
返済能力が低い人に貸し付けをするため、必ず返してもらえるように取立てを厳 しくする傾向があります。
また、審査が厳しいところよりも金利が高く設定されている場合がほとんどです。

初めてお金を借りるなら審査の厳しいところを選ぼう

最近では、ATMに身分証明書などを通すだけでお金が借りることができる消費者金 融もあります。
頭を下げるどころか、人と対面する必要すらありません。はじめてお 金を借りる場合でも、簡単に使うことができます。
とても気軽に、気楽に借金ができるようになってきているのです。 しかし、こうした簡単にできる借金ほど、のちのち苦しむことになると覚えておきま しょう。
なので、少しおかしな言い方ですが、初めて借りる方ほど、審査がやや厳し目のところから借りるのが間違いがありません。
もし返済を滞納したら、最初は電話で返済の催促をされるでしょう。
借り手の事情などは一切考慮せず、「何日までに必ず支払ってください」と言って きます。

「それは無理だ」と返事すると、「確実に払えるのはいつか」と聞いてきます。
その場では「いつまでに払います」ということで終わります。ですが、遅れた分の 利息は当然取られます。

そして約束した日にまた返済を滞納すれば、何度も電話がかかってくるでしょう。
電話の督促が度重なると、かなり精神的に大きな負担になります。

それを無視して更に返済を滞納すると、内容証明郵便、支払督促、給与等の仮差押え といった流れで厳しい取立てが続きます。

審査の厳しい銀行でも返済を滞納すればそれなりの催促はしますが、審査の緩い 消費者金融などの場合、電話での督促の内容が大きく変わってきます。
その昔、「内臓を売って金を作れ」ととんでもないことを言った貸金業者の従業員が 逮捕されたことがありました。
今ではここまで言われることはありませんが、このような脅迫的な取立てをされるこ ととなります。

メンタルの弱い人は審査の緩い貸金業者から借りてしまいがちですが、結果、この ような取立てで心を壊してしまうことも多々あります。

お金を借りなければいけなくなった時は、意を決して審査の厳しいところへ行き ましょう。

自己防衛の為にも、ヤミ金から借りると大変なことになるを読んで闇金について詳しくなってください。

このページの先頭へ