初めてお金を借りる時は、借り入れの知識をしっかりと得よう

お金を借りる時、誰もが緊張するでしょう。
特に初めてお金を借りる時の緊張はとんでもないもののはずです。

お金を借りて返しきれるのか・・・返せなかったらどうなってしまうのか・・・
考えることはとても多いでしょう。

あまりにも考えることが多すぎて、考えることがイヤになり、見切り発車でお金を借りてしまう人も少なくありません。

しかし、それはあまり良いことではありません。
お金を借りる時・・・特にはじめてお金を借りる時は、しっかりと借金に関する知識を身につけておかなければいけません。

例えば、貸金業者を取り締まる法律、自分の年収に応じて決定される法律など、さまざまな法律が借金を取り巻いています。
その法律を知らなければ、法外な利息をふっかけられてしまったり、自分の借りられるお金以上のお金を借りようと奔走してしまったり、いろんな面で損をしかねません。
なので、初めてお金を借りる人は、お金を貸してくれる人や業者を探す前に、借金に関する知識をしっかりと蓄えなければいけません。

最初の借金は少額から!

初めてお金を借りる時は、家や車のローン以外ではあまり大金を借りることはおすすめしません。

初めてお金を借りるということは、「利息分のお金を毎月支払って、自分の生活がどれぐらい苦しくなるか」ということが、全く体感できていません。
利息の計算は誰にでもできるかもしれません。しかし、利息分のお金を失う苦しみは利息を支払った人にしかわからないのではないでしょうか。

お金はたくさん借りれば借りるほど多くの利息を支払わなければいけないことになります。
「支払える」と思っていても、その重圧は徐々に自分の生活を苦しめていくかもしれません。

なので、よほど用入りな場合以外は、大金を借りないようにしましょう。必要最低限を借りるのです。
「今のあなたが借りられるお金は○○万円です」と言われると、「どうせ必要になるし、まとめて借りておこうかな」と思われるかもしれません。
こうした安易な借金が、後の生活を苦しめます。なので、「最低いくらお金はあれば大丈夫なのか」を基準に借り入れする金額を計算し、その額だけ借りるようにしましょう。

もし足りなくなった場合は、再度申し込めばいいだけです。順調に返済をしていれば、次にお金を借りる時はスムーズに貸してくれるはずです。

このページの先頭へ