突然の病気、ケガ。足りない生活費を借り入れするなら

突然の病気やケガで、どうしてもお金を借りなければならなくなり、ここではじめてお金を借りることとなるという人も少なくありません。

こういう場合は、病気や療養の際の借り入れ先は、まず都道府県などの自治体にある福祉資金を利用しましょう。
ただし、ここでもらえる金額はそこまで多くありません。収人が少なく、財産も持っていない上体であれば生活保護を申請するといった方法を考えた方がいいかもしれません。

近年、高齢化にともなって医療費が高額化しています。
高額医療費の負担を軽減する高額療養費を支給されるためには、以下の条件が必要になります。

同一月(一日?末日)の間に
・一般所得者:63600円+(かかった医療費-318000円)×1%
・上位所得者:121800円+(かかつた医療費―609000円)×1%
上記の金額を超えた場合に、高額療養費が支給されます。

しかし、高額療養費が支給されるのは、申請してから約2か月後になります。
なぜなら、病院の診療報酬請求書を審査した上で金額が決定され、それから支給という流れがあるためです。

2ヶ月も待てない、お金が支払えないという人のために、『高額医療費給付制度』があります。
当面の医療費の支払いに充てるためのお金を無利子で融資してくれる制度です。
金額は、高額療養費支払見込額の8割程度を借りることができるようです。
もし支払いに困っている場合は、社会保険協会へ問い合わせてみるといいでしょう。

生活費のための借り入れはなるべく早く返済しよう

近年では、レジャーの資金や車を購入するための融資もよく行われています。
こうした貸し付けは短期間で返済するようにしましょう。一時的な借り入れで、きちんと返済していれば問題もありません。

しかし、一度借りてしまったがために、借り入れ地獄に陥る人も少なからずいます。
サラ金などからの高金利での借り入れの場合、早急に完済することが大事です。
不況の現在、生活苦による借り入れは増加しています。
こうしたパターンの借り入れの場合は、銀行など低金利のところではほぼ貸してくれません。
自治体の福祉資金、もしくは高金利のサラ金からの借り入れになってしまうでしょう。

しかし、生活費のために借り入れをしてしまうと、返済は大変なことになります。
収入が上がらなければ、返済することもできずより苦しむことにもなりかねません。
こうした場合の借り入れは、身内からの借り入れにとどめておいた方が無難です。

多重債務に陥る人のほとんどは、こうした生活苦による借り入れをする人がです。
初めて借りるという方の多くの理由が「生活費に困って」というものあることをご存知でしょうか?収入によってどの程度の金額かは変わりますが、借り入れが一定の金額を超えると、どれだけ頑張って返済しても返済できない状態に陥ってしまいます。
というのも、返済しても、借り入れの元本が減らず、利息として取られてしまうからです。

もし、こうした状況に陥ってしまった場合、早めに債務整理による借り入れの整理を考えなければなりません。
またこどもの将来を考えるなら、教育資金のを借りる。受験費用・授業料などでお金を借りるならを読んでしっかりと人生設計を立ててください

このページの先頭へ