最初にお金を借りるなら公的機関から?

中小企業等のための政府系の金融機関として、国民生活金融公庫があります。
生活費などの借金をすることはできませんが、個人営業の場合でも利用できる機関です。

中小企業への事業資金の貸し付けだけでなく、教育ローン、恩給や共済年金などを担保とした貸し付けも行っているようです。
金利は年1.0~2.3%とかなり低金利です。

不況の影響を受けて、中小企業やお店などの個人事業の資金繰りは悪化の一途を辿っています。
生活が大変というだけでなく、事業に失敗して倒産していく人も少なくありません。
倒産してしまった人のほとんどは、高金利の貸金業者からの貸し付けで資金を調達した結果、返せなくなって破綻したというパターンのようです。

国民生活金融公庫では、さまざまな形での貸し付けプランを用意しています。
国民生活金融公庫から借り入れをする場合にも、もちろん審査があります。
しかし、担保や保証人も必要ないものもあります。
借り入れを申し込む前に、国民生活金融公庫の窓日、もしくは商工会議所や商工会で相談してみると良いでしょう。

公的機関は、国民生活金融公庫だけではありません。
その他にも、住宅金融公庫(住宅ローンの融資)、日本育英会(奨学金)などが貸し付けを行なっている代表的な公的機関です。

特に初めてお金を借りる時は、いろんな不安が付きまとうでしょう。
こうした公的機関を使えば幾分か気楽に借りられるのではないでしょうか?
自分でもお金を借りられる公的機関がないかどうかチェックしておきましょう。

また今後の借りいれは、事業資金を借りる。運転資金に困ったらに詳しく書いていますので、一度読んでみてください

このページの先頭へ