絶対にしてはいけない!借金を返済するための借金

借金を返済するための借金は、絶対にしてはいけません。
そうした返済を重ねていくことによって、複利方式で借金はどんどん膨れていき、そう時間もかからずに借金地獄に陥ることとなり、いずれは破産することになります。

高度成長時代は給料の伸びが大きく、借金があってもその重みは相対的に落ちていきました。
しかし、現代はそのような時代ではありません。
リストラや賃金カットなど、さまざまな形で給料が減り、借金をしていると返済は重くのしかかってきます。

借金をする時には、まず客観的に自分の置かれている状況を把握しておくようにしましょう。
始めにお金を借りる時に気軽に借りることができてしまうと、「お金を借りる」ということの重要性を忘れてしまうこともままあることです。
しかし、その重要性を忘れたまま借金を重ね続けてしまうと、いつしか『お金が返せないので借金する』ことに手を染めてしまいます。
もちろんこんなやり方で返済ができるはずがありません。

こうならないためにも、自分の毎月の収入と、金利を含む返済額の計算をしっかりしてからお金を借りましょう。

借金の利息が、出資法による刑事処分されない上限金利である年利29.2%であるとして、これを毎月借り入れて返済した時のことを想像してみましょう。

金利が金利を生み、たった数年で何倍にも膨れあがることが安易に予想できますね。高金利の借金というものは、そう簡単には返済できないものなのです。

おまとめローンで借金地獄から抜け出す

基本的に、銀行などの金融機関は、個人の借金返済のための貸し付けはしてくれません。

しかし、たくさんある借金を金利の安い借金に一本化し、数年返済のローンにして破綻を回避できたという良いケースもあります。

一本化するための低金利貸し付けをしてくれるところがあれば、借金地獄から解放されることもあるのです。
最近では『おまとめローン』という名前で一本化してくれる業者がありますので、多重債務で困っている時はそうした業者に相談してみましょう。
余り追い詰められると、闇金に引っかかる可能性が高くなります。
ヤミ金から借りると大変なことになるを読んで危機管理をしてください

このページの先頭へ