元気かな?あの時はありがとう

大学生活は私にとって、勉強にバイトと忙しくも楽しい日々でした。
事情があって、両親からの仕送りはゼロです。
まわりの学生がカラオケ、買物を楽しんでいる中、私は忙しいを理由に誘いを断ることが多かったです。
学費と生活費を払うのに生活は火の車でした。

もちろん授業料免除の申請をしていて、半額か全額免除を毎回勝ち取っていました。
しかし、3年生の後期授業料免除がはじめて取れなかったのです。
受けた人が多かったのか理由は分かりませんが、払うにしても半額だろうと楽観的に予測していた私に取っては寝耳に水でした。

photo

知らせを受けて泣きそうになっている私を見て、その時、付き合っていた彼が翌日には足りないと騒いでいた8万円を私に渡してくれました。
私は本当にほっとして彼に抱きついて感謝の気持ちを伝えました。
社会人一年目だった彼は返さなくてもいいと言っていましたが、「私は自分で大学を卒業する」という決意を持っていたので少しずつ返すと言い張りました。

少しだけバイトを増やして、毎月一万円ずつ返し始めました。
3ケ月すぎたあたりで彼が現金を貰うのもつまらないと言い出し、結局毎月一万円分のプレゼントをすることになりました。
プレゼントで返済方式でお互いに楽しみながら8ケ月かけて8万円分を返すことができました。

結局その後いろいろあり別れてしまったけど、ふと思い出して、いい彼だったなと思い返しています。

 

社会人でも新人に8万円は大金!プレゼントで「返す」方法もアリ

とても優しい方だったのですね。
いくら社会人だったとはいえ、まだ1年目の人にとって8万円はかなりの大金です。
しかも、事を知った翌日ですから、貴女のために急きょ貯金を下ろしてきたのでしょう。

もちろん借りたお金は返すのが当然ですが、相手が「返さなくてもいい」と言っているのに無理やり押し付けてしまうのも考え物です。
でも、やはり何かお礼はしたいですよね。
お金を返すのではなく、プレゼントでお礼をするという考え方もアリですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ