25年前の消費者金融。

私が初めてお金を借りたのは今から約25年前でした。
社会人に成り立てでとにかく遊びまくり、飲みに行ったりパチンコをしたりと湯水の様に給料は使っていました。
当然パチンコでの負けが込めば遊ぶお金が足りなくなるのは当然で、その時に初めて消費者金融でお金を借りたのです。

20160921

当時の消費者金融はまだ社会的には強いところ、というイメージがあり最初に電話をするのにはかなり勇気が入りましたが、電話をしてみると対応も良く借りる事にしました。
有人店舗が当たり前の時代だったので手続きは全て窓口で行い、お金も店頭でのやりとりでした。
返済も毎月決まった日までに店頭まで行き返済する形で、現在の様に全てがネットや無人機で行える手軽さはありませんでした。
また凄く悪いことをしたという罪悪感も強く、絶対に家族にバレてはいけないという気持ちが強くありました。
書類関係は自分の部屋の見つからない場所に隠し、返済に行く際には店舗から遠くに車を止め周りを何度も見ながら足早に店舗に入っていました。

結果的には親にバレてボーナスで返済したので借金は片付き、それからは遊びを抑えていけました。
逆に今の手軽に借りれる消費者金融がその時代にあったら、きっと大変な金額の借金をしていたと思います。

 

一気に収入が増えるからこそ、浪費に要注意!

社会人になると、自分で収入を得らえるようになり、仕事帰りに遊びに出掛けやすくなるケースがとても多いです。
そのせいか、あまりの解放感の大きさからつい羽目を外し過ぎてしまい、さっそくキャッシングのお世話になるという人も少なくありません。
毎月のお給料で難なく返済できる額ならまだ良いのかもしれませんが、生活を圧迫するほどの借金となると、新卒社会人にとってはかなりの痛手となってしまいます。
社会人生活を満喫したいのはわかりますが、ほどほどにしましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ