クレジットカードのキャッシングで借金が膨らんだ話

私が初めてクレジットカードでお金を借りたのは25歳の頃でした。
その頃はギャンブルにハマっていてスロットをよくやっていました。
当然、お金が足りなくなってくるとキャッシングを使って借りるしかなくなるわけで、抵抗感があったにもかかわらず、私は7万円を借りました。
それがキャッシング人生の始まりでした。

20161116

リボ払いを駆使すればお金を借りてもそれほど毎月、返済額が膨らむわけではないということに気づいた私は、それ以降も繰り返しキャッシングをしました。
その結果、借金が結構な額まで膨らむ結果となりました。
一時期は総額60万円ぐらいまでありましたが、現在は35万円ぐらいまで減っています。

キャッシングはいくら後払いとはいえ、一気に借りたらここまで借金に対する抵抗感がなくなっていくのかと自分自身、かなり怖いなと思ったことがあります。
これからキャッシングをしようと思った人は、できるだけ自制心を持って、借り過ぎないように注意しましょう。

 

ギャンブルにハマった状態でのキャッシングは危険

ギャンブルにハマってしまうと、どうしても金銭感覚が狂ってしまいます。
その状態でキャッシングなんてしたらどうなるか……それについては、身をもって実感していただけたかと思います。

ギャンブルとキャッシングは非常に密接な関係にある傾向が強いものです。
今は何とか返済できているようですが、それすらできなくなるほど没頭してしまうのがギャンブルの恐ろしさでもあります。
ギャンブルが原因のキャッシングとバレると、非常に印象が悪くなり、場合によっては新規の借り入れを断られます。注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ